「風来坊主の旅日誌」

カウンター

1999年代の古いホームページはフィルムカメラを使用し、フィルムスキャナーが高嶺の花だった時代であり、電話線でインターネットに接続する時代に制作してありますので、(インド総集編を除く)一部の画像は小さくきれいでもありませんが、拾数年の驚くべき進化を感じるままにしてあります、どうぞ迷わないように旅をお続け下さい。
「風来坊主の旅日誌」  「風来坊主の旅日誌」 
1997~1999 1997~1999
インド総集編 中国編 Ⅰ 雲南省・昆明より
表紙 : 「インドのどこへ行ったの
 No.1 カルカッタ・ブッダガヤ・「インド雑感」・「大失敗」
 No.2 ラージギル・ナーランダ・パトナ「玄奨法師」「アショーカ大王」
 No.3 ヴァイシャーリ・クシナガール・「仏陀・釈迦の教え」ルンビニ
 No.4 ポカラ・シャラバスティ・サルナート・カースト・後藤恵照師
 No.5 サンキシャ・ヴァナラスイ・「釈迦 Ⅱ」「インドの暮らし」
 No.6 アーグラー・「大失敗ー2」・「坊主になる」・「世界の宗教概観
 No.7 カジュラホー・ヒンドゥ寺院を見る・ヒンドゥ教とは何か何か」
 No.8 デリイの見どころ・「聖者・マザ-テレサ」「最後の大失敗」
 No.9 特別編小論:神谷美恵子と「生きがいについて

No.1 表紙:云南省昆明

No.2 青海省・塔尓寺

N
o.3 青海省・佑寧寺より青海湖へ


No.4 青海省・青海湖と鳥島周辺

No.5 中国あっちこっちⅠ

 河南省[洛陽:龍門石窟、白馬寺・開封・鄭州] 山西省[玄中寺]
 陜西省[西安:香積寺]

NO.6 雲南省最北部の旅ー1
 サルウイン(怒江)河・怒族・飛来寺・松賛林寺など
No.7 雲南省最北部の旅ー2
 サルウイン河-メコン河-チベット・塩井-揚子江・金沙江
No.8 中国あっちこっち Ⅱ
 雲南省[日本人のルーツ:大理:麗江と納西族:鳥居龍蔵博士
No.9 雲南省濾沽湖と摩梭母系王国ー1

No.10 摩梭母系王国ー2とその周辺

No.11 中国あっちこっちーⅢ
 四川省[成都:詩聖:杜甫:都江堰] 雲南省[ベトナム国境・河口]  
「風来坊主の旅日誌」 
2002~2003
スリランカ編
表 紙「風来坊主の旅日誌-スリランカ」「スリランカの今昔
Ⅰ:「ミヒンタレー」「スリランカあれこれ-1」
Ⅱ:「アヌラーダプラ」「スリランカあれこれ-2」

Ⅲ:「ダンブッラと王宮跡」

Ⅳ:「シーギリヤ・レディの全て」
Ⅴ:「ポロンナルワ&メディリーギリヤ」
Ⅵ:「キャンデイ・アルヴィハーラ」「キャンデイの今昔」
Ⅶ : 「コロンボ」と「ニゴンボ」「日本人の忘れてはならないこと」
「風来坊主の旅日誌」  「風来坊主の旅日誌」 
2002~2003  1997~2003
インド・カンボジア・中国(雲南・四川) タイランド
表紙 インド・カンボジア・中国(雲南・四川
◎No.1。中国四川省の旅-
 Ⅰ「自貢の恐竜博物館」「自貢の町」「楽山大仏と崖墓

 Ⅱ 大足「北山石刻」「宝頂山石刻」「康定情歌の里」
◎No.2 :中国・雲南省の旅
 1:「麗江」
 2:「古代昆明人のおもかげ」  
 3「九郷風景区・鍾乳洞」
 4:「楊麗萍の舞踏」「石林」「石宝山風景区」など
 5:しばらく中国を離れます・写真館3「円通寺」翠湖公園」「中国事情ー1」
 6:番外編 「自転車旅行」滇池湖一周
◎No3 :广西自治区の旅
 1: 南寧市「写真館ー2」
 2: 广西壮族自治区の清明節


◎No4 :インドの旅
 1:「ムンバイ」「エレファンタ島のシヴァ神」
 2:「アゥランガバードの町」「ビービー・カ・マクバラ」「仏教石窟」
 3:「アジャンター石窟寺院
 4:「エローラ石窟寺院

◎No5 :   カンボジアの旅-表紙 
 1: 「アンコール・ワット」 

   

 2: 「アンコール遺跡群」その1  

     
 3: 「アンコール遺跡群」その2
    タ・プローム熱帯の脅威、アプサラダンスなど
 4: 「アンコール遺跡群」その3
  
 アンコールトム都城:バイヨンなど
 5: 「アンコール遺跡群」その4
    
アンコールトム:タ・ケウ、プリアカン、ニャックポアンなど
 6: 「アンコール遺跡群」その5

   アンコールトム:プリア・コウ、バコン、プノンペンよりタイへ
 
 No1: タイランド  番外編
 No2: バンコックのお寺
 No3: チェンマイとトレッキング
 No4: タオ島の潜水


 新編  タイランド
 No1: シー・サッチャ ナーライ遺跡
 No2: スコータイ遺跡
 No3: バンコック・スネークファーム
風来坊主の「おおさか物語」
Ⅰ:ブッダ・ウォーキング:日本へ仏教の入ってきた道を訪ねました
         2005年3月第1回~2006年12月第16回

Ⅱ:コダイ・ウォーキング:旧石器時代より奈良時代までの古代遺跡
  と博物館を訪ねています
         2007年1月第17回~2012年6月第71回

Ⅲ:newコダイ・ウォーキング:Ⅱの目的と自然景勝地を訪ねます
         2012年9月第72回~