特別番外編・静岡県の古代(一部)と愛知県刈谷市の万灯祭

2017年7月28〜30日


大阪の住ノ江区南港のインデックス大阪で毎年ゴールデンウイークに開催される「食博」に、今年は愛知県・刈谷市の万燈祭(まんどさい)の「張子の人形」が2台きて、江戸時代中期から続くお祭りを実演しているのを見て、これは夜見れば美しいだろうと、遠い青森の「ねぶた祭」には行けそうにないので、夏の旅として行ってきました。
ついでに静岡・浜松市の「蜆(しじみ)塚縄文遺跡」へ行くつもりが、これまたついでに有名な静岡市「登呂弥生時代遺跡」まで足を延ばしてしまい、往復800Kmの旅となりました。
いずれ富士山麓の縄文遺跡群や関東地方の古代遺跡は欠かせない課題ですから、今回はそちらの幕開けとしての古代とお祭りをお楽しみください。


浜松市・蜆塚縄文遺跡と市立博物館

蜆塚遺跡の存在自体は江戸時代から知られていたそうです。数度の調査で、円環状に平地式の住居跡が20数戸、墓地などの存在が明らかになり、首飾りや貝製腕輪を身につけ屈葬された人骨なども出土しました。1983年に発掘調査が行われ、勾玉や土器、鉄鏃などが出土していますが、これらは縄文時代後期から晩期のもの。これらの出土品の多くは遺跡南側に併設されている浜松市博物館に展示されています。

比較的規模の大きい貝塚があることで有名な遺跡でもあり、その多くが淡水性で二枚貝の蜆で構成されていたことが遺跡周辺の地域名「蜆塚」の由来です。この貝塚は大きく分けて4つ存在し、その内の一つは専用施設により発掘調査当時のまま保存されています。この貝塚は幾重もの層が存在し、およそ千年分のものが積み重なっているとされており、その堆積は1.5メートルほどに達する個所もあります。

貝類だけではなく、土器の破片や海水性の鯛・マフグ・スズキ・クロダイ・アカエイ・獣の骨なども混在しており、この貝塚の存在により、遺跡の西にある佐鳴湖が当時は遺跡付近にまで達していたことがうかがえ、水産資源も豊富であったことを物語っています。




いにしえのマイホーム



1000年にわたって積み上げられた貝殻と骨



ここらで古代のおさらい



旧石器時代の遺物



縄文前期の遺物



弥生時代の井戸の木枠・稲作集落には井戸は不可欠のものでした(横向きにしてあります)


登呂遺跡

静岡市内の南部にある登呂遺跡は、1943年(昭18)、軍事工場建設の際発見されました。
戦後間もない1947年には考古学・人類学・地質学など各分野の学者が加わった日本で初めての総合的な発掘調査が行われ、8万平方メートルを超える水田跡や井戸の跡、竪穴式住居・高床式倉庫の遺構が検出され、この他にも、農耕や狩猟、漁労のための木製道具や火起こしの道具、占いに用いた骨などが出土し、弥生時代後期1世紀ごろの集落と推定され、1952年に国の特別史跡に指定されています。
また、1999年から5カ年計画で再発掘調査が行われ、新たに銅釧(=かなくしろ=腕や手首につけるアクセサリー)や漆が塗られた槽づくりの琴、祭殿跡などが出土しています。現在遺跡は、登呂公園として整備され、住居などが復元されているほか、遺跡についての資料がある静岡市立登呂博物館が隣接して建てられています。
現代の我々は、奈良県の日本最大級の唐古・鍵遺跡や佐賀県の復元された大規模な吉野ヶ里遺跡、鳥取県の大和建国の先駆けであり、当時の近隣諸外国との流通の拠点となった妻木晩田(ムキバンダ)遺跡・青地上寺地遺跡など稲作と流民の時代の壮大な弥生時代を知っています。
これらの遺跡に比べた登呂遺跡は規模的にも文化面からみても一地方の農村遺跡といえるかもしれませんが、登呂の重要なことは日本の考古学の発展の端緒となった場所であり、聖地ともいえるでしょう。



水田の向こうにマイホームと右は祭祀殿













一般家屋と祭祀殿



復元された水田と左奥は登呂博物館


愛知県刈谷市・刈谷万

この地方は水の便に恵まれず、夏には秋葉社で雨乞いの祭りが行われていました。1778年(江戸時代)、この祭礼で笛・太鼓による囃子が初めて取り入れられ、寺横町組によって製作された万燈が登場しました。
万燈(まんど)とよばれる高さ約5メートル、重さ約60キロの竹と和紙で作られた張子人形を若衆が一人で担ぎ、笛や太鼓のお囃子に合わせて舞い踊ります。( 開催日:7月最終土曜日と翌日の日曜日)お囃やは動画はYouTubeでご覧ください。














秋葉神社と松秀寺・午後9時半ころにここへ集結します







表紙に戻る