第94(109)回 5月 コダイ・ウォーキング レポート


銅鐸の故里と世界の民俗


大阪・茨木市の南に「沢良宜(さわらぎ)」というところがあり、「佐和良義神社」に迦具土神(かぐつちのかみ)が祀られています。カグとは銅の古語で、サワラは銅器でギは邑(村)を表し、この地が銅器の生産地であったことがわかるそうです。

弥生時代には奈良県の唐古・鍵遺跡と並ぶ日本最大級の銅鐸工場、銅製品工場を持つ、二重の環濠の内部に高床式倉庫など大型建物や多数の住居がありました、現在は「東奈良遺跡」と呼ばれています。

ここはすでに大規模の住宅群になっていますが、阪急「南茨木」駅近くに小さな史跡公園として残され、「市立文化財資料館」に銅鐸などの資料が展示されています。

その後、万博会場へ行って花々を愛でつつ、「国立民族学博物館」で世界の民俗資料を見学の後、日本庭園・日本民芸館・自然公園などを好みに合わせて楽しむことができました。


東奈良遺跡



佐和良義神社 境内は広いところでした





















東奈良遺跡公園と茨木市立文化財資料館

茨木市の古代:淀川西岸と北方を山々が連なる安威川沿岸に広がる摂津三島地方は2万年前、当時の世界は氷河期で日本海も大陸との陸続きとなって、マンモス・ナウマン・オオツノジカを追いながら旧石器人が住み着いたところでした。大阪の二上山に産するサヌカイトの打製石器を使ったことがわかっています。人々は洞窟や岩陰を住居としていましたが、定住化が進むと次第に竪穴住居へと移行してゆきました。
縄文時代を経て弥生時代に入ると稲作と金属文化が日本に入り、人口もふえて大きな村落が生まれてきましたが、この東奈良遺跡は南北1.4Km東西1.0Kmの広がりに環濠を持つ二つの大きな村落でした。ここでは先に述べたように青銅器を作る工場があり、その製品は四国香川県善通寺市・兵庫県豊岡市に運ばれ広い交流がありました。



銅鐸の造られ方



縄文時代の土器と石鏃



弥生時代の土器



古墳時代の鏡




茨木市の古墳



造るのを楽しんだようですね


茨木市について:
私たちが茨木市を思うときには大阪のベッドタウンと大企業の工場群ということになりますが、実際には2万年も前から人が定住してきた豊かな土地でした。

644年に藤原鎌足が三島に隠遁するなど歴史的にも様々なことがあったことと思いますが、一番興味深いのはJR大山崎の西方10Kmのところに千提寺というところががあって、ここは表向きには曹洞宗・高雲寺を旦那寺とした隠れキリシタンがおられたところです、この地はキリシタン大名の高山右近が高槻城主だったころの領地であったので、キリシタンが誕生したのだそうです。

よっていまは神戸市立博物館にある、1549年スペインより日本に初めてキリスト教をもたらした「フランシスコ・ザビエル画像」やヨーロッパ産の様々なキリスト・マリヤ像と絵や器具類が今に残されています。

豊臣や徳川の禁教にもめげず、当時は深い山奥でキリシタンとして信念を貫いてこられたことに深い敬服を覚えます。茨木市は千提寺の地に「キリシタン遺物史料館」を建てているそうですが、茨木市立文化財資料館でもその概要と資料を見ることができます
もう一つは、ノーベル賞作家・故川端康成氏が小学校・中学校を卒業したのが茨木市で、旧宅も残されているようです。


大阪万博記念公園

1970年3月14日から183日間77か国が参加した大阪万博会場はその後全面的に公園化され、国立民族学博物館・大阪民芸館・自然観察学習館・日本庭園・自然文化園などなど、市民のレクリエーションの場として親しまれています、私もここへは10数度訪れていますが、行くたびごとに新しい発見があり、単なる竹林と雑木林であった吹田丘陵の変容に大きな楽しみを見出しています。今日はみんなが思い思いに楽しむように自由散策としました。という私は東北旅行の疲れをとるために民博の地下ロビーで昼寝をしましたが、クーラーが効きすぎて脚がこむら返りになり、大変痛い罰をこうむりました。



名神高速道の向こうにメインの入口があり太陽の塔が迎えてくれます



日本庭園の木々も大きくなった、ここで昼餉となりました












































「インドのお祭りから」
左・ドゥルガー女神:毎年9月末から10月初に雨期明けのインド・ベンガル地方では女神祭りが新しく作った神像とともに祀られ、終わると神像は川や海に流されます。
右・山車はヒンドゥーの神の乗り物、南インド、チェンナイ(旧名マドラス)のパールッタサーラティ寺院では、4月から5月の大祭のときに、主神パールッタサーラティを乗せた山車をひきだし周囲を巡行する。沿道の信者たちは山車に乗った祭司を介して神に供えものをささげます。



菖蒲園・タイサンボク・バラ園の花(サムネイル・画像をクリック)





反省会は千里中央・千里朝日阪急ビル22Fにて


6月のウォーキングは13〜20日まで入院しますので6月28日(火)を予定しています


表紙に戻る