「新会員募集:若干名の古代歴史に興味があり15Km位歩けて、夕刻の反省会には必ず参加できる人(飲酒不問)



第70(85)回 12月 Newコダイ・ウォーキング レポート


「発掘された日本列島2013」とアサヒビール大山咲山荘美術館


今年の発掘展はおなじみの高槻市・今城塚古代歴史館で行われました、これだけでは時間が余りますからアサヒビールが運営する大山崎山荘美術館で和洋の作品と歴史的な建物と庭園を楽しみ、隣の古刹・宝積寺(ほうしゃくじ)の観音さまを拝観し、その後は恒例の忘年会を開きました。
予想違わず快晴無風の好天気で、無料バスに乗ったり、歩いたり一年を締めくくる好日でした。


アサヒビール大山崎山荘美術館

実業家・加賀正太郎は1888年大阪生まれ、東京商大(のち一橋大)卒業後英国を中心に欧州に遊学、ヨーロッパアルプスに登って日本の登山熱の先駆けとなり、帰国後証券会社を設立、寿屋によって山アにウイスキー製造に着手するも意見が合わず、竹鶴政孝を支援してニッカウイスキーを創立、イギリスのモダンな生活様式を日本に定着させようとしました。

テムズ川を望むウインザー城を懐かしんで、1910年淀川を見下ろす山崎の地に山荘建設に着手1932年に完成し、自らは洋蘭の研究・品種改良に努め、図録「蘭花譜」を出版、1954年逝去。

その後加賀家を離れた山荘は荒廃しましたが、地元の住民がそれを惜しみ大山崎町・京都府を動かして、アサヒビールが美術館を運営することとなり、安藤忠雄設計により1996年美術館が完成しました。



美術館入り口と山荘




















左:英国風山荘 右:カリンの木と左は地下美術館に続く回廊




庭園にて


美術館は、アサヒビール初代社長・山本為三郎氏(1893〜1966年)のコレクションによるもので、彼は「民衆的工芸運動」を支援し、河井寛次郎・濱田庄司らの優れた陶芸作品やクロード・モネの睡蓮の連作など多くはないけれど、良い作品を見ることができます。山荘内部は英国の邸宅を持ち帰ったような重厚なもので、加賀正太郎氏の在りし日をうかがわせるものです。館内は有料ですが庭園の散策は自由ですから、暖房の入った無料のレストハウスもあり、格好の散歩道になるでしょう。


宝積寺


美術館の西隣に位置するお寺の歴史は、聖武天皇代に行基が建立したのが始まりで、羽柴秀吉と明智光秀の山崎合戦で秀吉の本陣がおかれました。十一面観音・三重塔・閻魔堂など重要文化財がたくさんあります。



宝積寺本堂(1233年に火災で焼失、すべて1235年以降に再建)



1255年豊臣秀吉が山崎合戦の勝利記念に建てたもの(重要文化財)
秀吉はこの寺に約一年間滞在して天王山に山崎城を建てました


「発掘された日本列島2013」 今城塚古代歴史館


今年は発掘された32遺跡のうち旧石器時代から近世までの17遺跡375点が展示されています、また宮内庁との共催によって「陵墓の埴輪」展が開催され、箸墓古墳・応神陵などの埴輪13点、さらに「東日本大震災の復興と埋蔵文化財保護」と題し,現在東北地方(岩手県・宮城県・福島県)で行われている復興事業に伴う発掘調査のうち7遺跡151点が展示され、充実した展示会となりました。
宮内庁関係の出展が少ない原因は定かではありませんが、現在の宮内庁の改革こそ重要だとの認識を新たにさせてくれました。ここでは印象に残った展示品を数点ご紹介します。



「石棒」 緑川東遺跡 縄文時代中〜後期(約4000年前) 東京都国立市



土偶 上境旭台貝塚 縄文時代 茨城県つくば市 (この画像は撮影失敗から実物を抽出しました)



霞ヶ浦一帯は縄文時代の貝塚が密集しています 上境旭台貝塚遺跡



土器類 上境旭台貝塚 縄文時代 茨城県つくば市



生活用具 西川津遺跡 弥生時代(約2000〜2200年前) 島根県松江市
この遺跡は島根半島の朝酌川流域にある山陰地方を代表する集落遺跡



金銀装円頭太刀 古墳〜平安時代 鳥居松遺跡 静岡県浜松市


陵墓の埴輪 宮内庁所蔵



壺型埴輪 3世紀後半 箸墓古墳 奈良県桜井市



馬型埴輪 5世紀 仁徳天皇陵 大阪府堺市



人物埴輪 5世紀 仁徳天皇陵 大阪府堺市



その他 応神・日葉酢媛命・築山・墓山・御廟山・女狭穂塚古墳(大阪府・奈良県)出土品の数々


東日本大震災の復興と埋蔵文化財調査



発掘品を見る
山王遺跡 5〜7世紀 宮城県多賀城市



発掘された数々 縄文晩期 野田T遺跡 津波によって大被害を受けた岩手県田野畑村

羅賀地区の防災集団移転によって復興事業として発掘調査が冬季にも関わらず行われ
リアス式海岸の奥に連なる200mの高台から縄文時代晩期の集落が見つかりました



今年も元気で歩きました 忘年会


表紙に戻る

1 1